筋トレをして紛らわす

お腹がすいたときに筋トレをすると、意外と気を紛らわすことができます。おすすめのトレーニング方法はまず、腹筋運動です。腹筋運動10回を3セットしてみましょう。心地よい疲労感で、一時的ですが空腹感を抑えることができます。次に太ももを鍛えるトレーニングです。横向きに寝そべって足を上げ下げするだけの簡単な方法です。テレビを見ながらでも取り組むことができる方法なのでおすすめです。これは簡単ですが、とても足に効く運動なので足痩せ効果が期待できます。寝る前やお風呂あがりなどに30回を3~5セットほど行うと良いでしょう。

ヘルシーなものを食べる

どうしても食欲が抑えられず、イライラしてしまうようではダイエットは長続きしないことが多いです。間食をするときに気を付けることは二つあります。一つ目は間食をする時間帯です。当たり前ですが、夜中は太りやすいので危険です。なるべく夜の9時ぐらいまでにしましょう。二つ目は食べるものです。脂っこいものや甘いものは太りやすいので止めておきましょう。おすすめは野菜スープです。野菜スープは野菜から食物繊維やビタミンなどが摂取できるだけでなく、体を温めることができます。ここで気を付けたいのが食べる量です。ヘルシーだからと言ってたくさん食べるのは逆効果です。お腹がいっぱいにならない程度に抑えましょう。

食べ物のことを考えずに寝る

お腹がすいて眠れないという方もいらっしゃるかと思いますが、満腹状態で寝てしまうのは太ってしまう原因にもなってしまうので危険です。部屋の電気を消して真っ暗な状態で目をつぶればいつの間にか眠れることも多いです。お腹がすいたまま寝ることで、翌朝の朝食での食欲にもつながるのでおすすめです。お腹がすいたからと言って夜中に食欲をそそられるような動画を見たり、食べ物のことを考えたりしてしまったりすると余計にお腹がすいてしまって逆効果なので、その日一日の楽しかったことを思い返したり、好きな音楽を聴いたりするのもおすすめです。